« アラド戦記はマゾ系では無いと思うが | トップページ | もすけ 3級になりました。 »

2007年10月 3日 (水)

アラド戦記のゲームパッド

Microsoft SideWinder Game Pad Pro

アラド戦記はオンラインゲームとしては、比較的に珍しくゲームパッド対応なゲームです。

そもそも私がアラド戦記を始めたキッカケのひとつに「随分前に購入したが、使用していなかったゲームパッドを使いたい」という物欲的な衝動もあったワケなのです。

さて、最初に載せた画像のゲームパッドが、現在私が使用中の「Microsoft SideWinder Game Pad Pro」なのですが、このゲームパッドは既に販売されていない為なのか Microsoft社の公式ページにも掲載されていないようなので、ここに概要を記載させてもらうと、デジタル十字方向と、デジタルボタン 9個 USB1.1接続といった感じの代物なのです。

見た目はシンプル過ぎて無骨ですが、そのお陰(?)で「何だかボタンが一杯付いてるマニアック感」が無いのがポイントとも言えるワケであります。

このゲームパッドには問題がある

斜めに配置された十字キー

このゲームパッドの購入理由を書くと、当時のパソコン用のゲームパッドといえば奇を衒ったばかりで、肝心の操作性が最悪な製品しかなかった中で初代 SideWinderは、数少ない「使い易い」と思えた製品であり、このゲームパッドは、その SideWinderブランドとして登場した USB接続ゲームパッドであったからである。

この製品が発売された時に、使う予定も無いのに衝動買いをした事を覚えている。

しかし、その衝動買いをしたコイツ(Pro)の操作性に関してだが、正直に書くと、十字キーが、タッチ感は良いのだが、配置が斜めになっている点で、私にとっては非常に操作性が悪い製品だったのだ。

付け加えると、横から見た画像を見ていただきたいのだが(撮影待ち)、十字キー部分が、上部に向かって奥へと傾斜している為に、このゲームパッドに合わせた正確なポジションでグリップを行わないと、上方向に対する押下量と、下方向に対する押下量が異なってしまう点も見逃せない。

このゲームパッドに対する正確なポジションに関してだが、私の場合、コントローラを握る際は無意識に人差し指を乗せる背面の[L][R]キーのみを基準としたポジション取りとなってしまうのだが、そのポジションでは、左手親指が若干十字キーの下側を押さえてしまう為、意識的に左手親指を十字キー中央に運んでおくという事を心がけておかなければならない。この意識してグリップしないといけない点に不満を感じる。

ゲームコントローラー

ご使用中のゲームパッドの十字キーの、貴方にとっての操作性については、WindowsXPの場合は「コントロールパネル」の「ゲームコントローラー」から利用中のゲームパッドのプロパティの[テスト]タブで行っていただきたい。

6つボタン

そんな方向キーの操作性が悪い、このゲームパッドですが、ボタンの作り等はシッカリしていて、タッチ感も良好であるし、なりよりアラド戦記用のゲームパッドとしては前面 6ボタンは使い勝手が良いと思い、その点では結構気に入っている。

「初代 SideWinderも使い難い」と、評価されている人もいますが、それは PlayStationのゲームパッドに慣れている人であり、逆にSideWinderに慣れていると、PlayStationのゲームパッドが使い難いと感じる程度の差でしかないと言うのが私の評価です。

現在のアラド戦記でのキー設定

キー設定
この配列で、もすけは動いている

上図が現在、私がアラド戦記で設定しているキー設定である。ご覧の通りボタンが全部で 9個しか(?)ないので、スキルショートカットの 1つが設定出来ていない。最近は刀と鈍器を切替える事も多いので、もう 2つボタンが欲しいところではあるし、欲を言えば、更に 2つ程ボタンが多ければ、それぞれを HP/MP回復に割り当てる事が出来て、快適になるのでは無いかと思っている。

また一見、使用頻度の高い「通常攻撃」に割り当ててる[B]ボタンの横の[A]ボタンが同じく使用頻度の高い「アッパースラッシュ」では無く、「ウェーブ」になっているのを不思議に思われるかも知れませんが、ボタンも十字キーと同じく、斜めに配置されている為、実際に使っていると「アッパースラッシュ」を割り当ててる[X]ボタンも[B]ボタンの横なのである。

確かに[B→X]間よりも[B→A]間の方が距離は短く、連続操作に対しての有効性を考えると、[A]を「アッパースラッシュ」に変更した方が良い気もしますが、これに慣れてしまっているので、気にしない方向でプレイしています。

ちなみに、これを購入した直後に初代のUSB版である「SideWinder Game Pad USB」が発売されて悔しかったとか、USBではない初代はゲームポートがSound Blaster16純正以外は認識しないからと Sound Blaster16が 1,000円で売っていたのを 2個くらい予備として購入した思い出があります。

後発された初代のUSB版を買わなかったのは、実際問題、当時USBゲームパッド対応のゲームで遊んでなかったから。このゲームパッドも衝動買いだったわけで、それで冒頭の「購入したけど使ってない」状態に陥ったワケで、実際に USB版発売後にゲームポート版の初代を、追加でもう 1台購入してたりもするのです。

しかし、私の知らない間に、この製品どころか全ての SideWinderブランド自体が一時的に終了していたとは驚きであると同時に SideWinderファンとしてはSideWinderブランドのゲームパッドの復活を切望したい。最近、SideWinderブランドのゲーミングマウスが発売されたとか、「X360のゲームパッドへ移行した。」という話もあるでしょうが、私の希望はあくまでも SideWinder Game Padなのである。

次のゲームパッド

そんな訳で、現在使っているゲームパッドは十字キーが使い難いので、次のゲームパッドに買い換えるべきと、PlayStationのゲームパッドが使えるという ELECOMのJC-PS202Uを購入したのですが、評判通り、認識が途切れる事が多く使い物になりませんでした。ちなみに認識が途切れるのは、ハードウェア側の接続中を示すランプが切れるところを見る限り、ドライバ側ではなく、ハードウェア側の問題の模様。

次の候補は、LogicoolのChillStream™ for PCなんですが、10ボタンなのがネックですね。12ボタンなら即買いなんですが。Logicoolの「フローティングDパッド」と名づけられた十字キーは、パソコンショップで触ってきて使い易そうだったのでカナリ欲しいんですけどね。残念。

アンケート

ゲームパッドの購入は Amazonで

|

« アラド戦記はマゾ系では無いと思うが | トップページ | もすけ 3級になりました。 »

ゲームパッド」カテゴリの記事

コメント

アラド戦記は標準でゲームパッドに対応しています。

1.アラド戦記のゲーム画面で[ESC]キーを押す。
2.表示されたメニューから「ショートカットキー」を選択。
3.[ショートカット操作]ダイアログにて、各操作のキー割り当てを行う。各操作のキー割り当てはキーボードのキーだけではなく、ジョイスティックの各ボタンを割り当てる事が可能。

投稿: もすけ | 2009年4月16日 (木) 02時48分

どうやればゲームパッドを使いアラドをプレイできるんですか?

投稿: グレイス | 2009年4月15日 (水) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428677/8132470

この記事へのトラックバック一覧です: アラド戦記のゲームパッド:

« アラド戦記はマゾ系では無いと思うが | トップページ | もすけ 3級になりました。 »