« アラド戦記のクリスマスプレゼント | トップページ | アラド戦記 Act.4の有料アイテム その2 »

2007年12月28日 (金)

アラドの中の懲りないびんごろう

01_2

びんごろう、またもや圧縮カプセルに手を出す。

これまでの 3回と違うのは「眩しい結晶を露店で買った事」。稼ぎ頭のびんごろう曰く「俺の稼いだ銭をどう使おうが俺の勝手だろ!!」。うん。びんごろうの稼いだ銭は殆ど別のキャラクタ…主にウェポンマスターもすけの装備や強化費に…更にいえば「眩しい結晶」も幾つか「びんごろう」から「もすけ」に移動させてる事実。偶にはびんごろうにも贅沢をさせても良いのではと……。

ちなみに、こういった運頼みのクエストの事を我々の間ではパチスロ ミリオンゴッドにちなんで「ゴッドクエ」と呼んでおります。

パチスロといえば、決闘等でよく「ラグい」と発言したり、それに対して「イチイチ、ラグいとか発言するな」とかありますが……うん。これからは「ラグい」では無く「遅れがきた」と発言すれば、ちょっと幸せな気持ちになれるのではないでしょうか。

ラグりまくりの時等は「遅れきまくってるよ!」と発言すれば「うはっw前兆?」と、幸せに返せます。(過去にはとあるゲームで「前兆w前兆w」と幸せチャットをしていたら本当にサーバーダウンの前兆だった経験もありますが、あんまり気にしてたらオンラインゲームなんかやってられませんね。)

さて、そんな話はさておき、今回は私の脳内で「てーてーてーてーてって てって てって」とか、「きゅぃぃいいん」とかの音が鳴るのでしょうか。

02_2

鳴りました!4度目にして成功!

03

ハイパージャマーくれ!

04

また「眩しい結晶」かい!

05

白夜Nを 2回全周して入手。(K全周で一個も拾えずを 2回経験したので、Nで済ましてます。)

06

「聖なる守護者」入手

07

「聖なる守護者」入手で「めでたしめでたし」

|

« アラド戦記のクリスマスプレゼント | トップページ | アラド戦記 Act.4の有料アイテム その2 »

ガンナーびんごろう」カテゴリの記事

コメント

NABEさん、ありがとうございます。

アラドに限らずオンラインゲームの子供対策としては「深夜以外は他PCとは関わらない」くらいしか思いあたりませんwコンピュータゲームは基本的に子供の遊び場でしょうから大人は隅っこでヒッソリ遊ばせてもらってます。

アイテムの収集に関しては、それも楽しみなゲームである事は否定出来ませんが、あまり熱くなると激しく後悔すると学習していますw

投稿: もすけ | 2007年12月31日 (月) 11時47分

びんごろう様 おめでとうございます。

あと、もすけ様とびんごろう様のマスター様
分かりやすいように画像のUPありがとうございます。
レベル40ですか・・・・もう、もすけ様を追い越す勢いで
きていますね^^

最近アラド内でレベル上げ手伝って、もしくは、アイテムくれくれ 等のいわゆるクレクレ房ですか^^;漢字とかは、わかりません。が、そのような方々が多くなっていると感じます。(アラド戦記は小学生等の低年齢のユーザーが多いのかもしれません)そのような声に、私はついつい従ってしまって、なんの得もせずに時間を過ごしては経験値もアイテムも出ないわで困っていますorz (人が良すぎるのでしょうか、それとも私自身が偽善者きどりなのでしょうか)

そのせいか、もすけ様より最近はIN率がガクンと減っていると思いますが、もすけ様はもすけ様らしくアラドをプレイなさってくだされ^^

以前このブログでもすけ様が書かれていた通り、ゴールド(アラド内の通貨)を集めてセット装備の費用にしたり、養殖でそのための資金を集める方がもうほとんどだと思います。
これは、私も気がつかない間にそのような思考回路になっておりました><。それこそがMMOの原理であって、RMT(リアルマネートレード)に通じる考え方を生み出しているのかもしれない。と、考えるようになりました今日このごろのNABEでした。次回の記事も楽しみにお待ちしております。

  以上、長々と支離滅裂で全くダメな感想でしたorz

投稿: NABEことルイーゼ | 2007年12月30日 (日) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428677/9550726

この記事へのトラックバック一覧です: アラドの中の懲りないびんごろう:

« アラド戦記のクリスマスプレゼント | トップページ | アラド戦記 Act.4の有料アイテム その2 »