« さようなら今迄の鬼剣士達 | トップページ | もすけ一新 »

2008年3月27日 (木)

Act.5実装 こんにちは新しい鬼剣士達

こんにちは鬼剣士

多くのユーザー達の心配と、そんなに慌ててアップデートしなくてもいいよという私の期待を余所に、Act.5へのアップデートを予定通り無事(?)に終えたアラド戦記。

今回のアップデートで、個人的に楽しみであった「死亡の塔」が延長された為に、慌ててプレイする程でも無いと思いつつ、もすけの様子を見るだけ見ようとインしてみた。アップデート直後は下手に触らない方が良い気もしたがインしてみた。

リセットされたSP値

スキルは全てリセットされてて 2,906SPが使用可能な状態になっていた。今度は失敗しないように使わなきゃ……。

取りあえず、私のデータは無事っぽい事を確認し、安心した後は、新スキルの確認の為に、G.S.Dの場所へと向かった。

G.S.D大盛況

覚醒クエストアイコン

予想通りと言うべきでしょうか。鬼剣士達の師である G.S.Dの周りは人だかりで姿も見えませんが、その頭上には何やら見慣れぬ本のアイコンが……。(スクリーンショットを撮るため、人の少ないチャンネルを探しました。)

このアイコンの正体を、さっそく確認してみましょう。

覚醒クエスト

やってきました!覚醒クエスト!

勝ち点 1,000点は用意しております。決闘を覚醒の為の必要なノルマと考えると楽しく無い気もしますが、どちらかと言えば楽しかったというか、しつこくて嫌がられたかもしれません。その節は皆様色々とご迷惑をかけました。特に 9段だったバトルメイジの方、高段で低段(いや 1級だったような)と 1vs1をやるデメリットなんて知らなかったとはいえ、嫌がらずお相手いいただきありがとうございました。オレだけイベント「ポンマスが変わってしまう前の決闘期間」は、アラド戦記のプレイヤーは良い人多いなと再確認させて頂きました。

そんな感じで、とりあえず最初のクエストである勝ち点 1,000点献上は難なく消化し、貰えた「太陽の石」と「魔力の石」を使用。

覚醒の為の次のクエストは「王の遺跡を 5回クリアすること」との事だが、こちらはスキルを振った後で無いと無理と思うので保留とする事にする。

覚醒条件その1
覚醒条件その2

しかし、G.S.D師匠、覚醒に必要なのは「楽しさ」「愛」「意地」とおっしゃいます。

「楽しさ」「愛」に関しては問題ないだろコノヤロウと言う程、これまでポンマスを楽しんで愛してきた。「意地」に関しては、Act.4のままのポンマスで「王の遺跡」くらいはクリアしてやろうと思っていたのに、アップデートに捻じ伏せられた気分である。それは済んだ事なので、今は新しいポンマスでクリアしてやろうと思ってます。それを証明すれば良いらしいので、何だか丁度良いクエストです。

以下、Act.5では、鬼剣士は力と体力が上昇し、知能が低下すると事前情報を得ていた為、 Act.4の最後に撮っておいたステータスの SSと、(「太陽の石」と「魔力の石」を使用した後ですが)現在のステータスの SSを掲載しておきます。

Act.4とAct.5のステータス比較

どーにも知能が下がったに見合うだけの力の上昇を感じないのは私だけでしょうか?ちょっぴり期待はずれな気分。

そんなワケで、今回からは「もすけ覚醒への道」編に突入しました。始めた頃は「そこまでやらないよ~」とか言ってましたけど、ここまで来たらやりますよ。

Act.5の楽しい面々

Act.5で何やら新しいクエストが結構ふえました。NPC達の台詞も色々変わっている様な気がして楽しいです。アラド戦記では普通の日本語の方が少ない様な気も致しますが、Act.5で新しく追加された、NPC達の珍台詞その一部を掲載。

風振 クエスト「ウェストコートのローリアン」より
ふむふむ

だから、ロリアンってローリアンなのか、ロりアンなのかハッキリして欲しいと思うんですが、「ふ、ふむふむ~」とか、風振ってそんなキャラだったかなと思う台詞。

ご本人より

御本人様も「ローリアン」と名乗ってるので、「ローリアン」が正解なのか?

F03

なんか微妙におかしな脅しの台詞とか

キリ レーザー増幅器より
K01

一人称が「オレ」なキリ。この人は天界人なので「ワタシ ゲカイノ コトバ ワカリマセーン」で逃げれる気もします。

シャラン 補修作業に材料より
Sr01

一人称が「わらわ」なシャラン。これは流石に凄いと思いました。しかし彼女も人間ではなくダークエルフなので「ワタシ ニンg(ry」

やはりシャイロックは一味違う ゴブリンの手骨収集より
S01

そして、My好感度No.1のシャイロックは流石です。

ロトンが変数名そのものを出力しているらしき台詞もありましたが、その程度(?)なら「リソース埋め込むの忘れたな」程度で理解可能なのですが、これは周りの文字列が(文法的には不可解とはいえ)それなりに正確に出力されているっぽいので、使用している翻訳ソフトの問題なのかなと、思いつつも、翻訳作業にも、しっかり予算まわして貰いたいなぁ~と、思うのであった。

|

« さようなら今迄の鬼剣士達 | トップページ | もすけ一新 »

鬼剣士もすけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428677/11844231

この記事へのトラックバック一覧です: Act.5実装 こんにちは新しい鬼剣士達:

« さようなら今迄の鬼剣士達 | トップページ | もすけ一新 »