« アラド戦記に関するアンケート - キャラクター編 | トップページ | Act.5実装 こんにちは新しい鬼剣士達 »

2008年3月25日 (火)

さようなら今迄の鬼剣士達

その日から全てが変わった

いよいよ大型アップデート「Act.5 鬼の疾走」を迎えたアラド戦記。

Act.5からはサブタイトルの「鬼の疾走」が示す通り、鬼剣士系キャラクタ達が一新され、私の最初に選んだキャラクターであり、もっとも使用頻度も高く、もっともお気に入りであり、ブログのタイトルにも用いているもすけも鬼剣士の二次職であるウェポンマスターである以上、明日から内容的には別物と感じてしまう様なキャラクターになってしまうかもしれない。

この鬼剣士改変に関しては「鬼剣士が強くなる」と楽しみにされている方や、それもキャッチコピーにしているアラド戦記の運営事情への考慮、また、実際に体験してみれば、私自身もアップデート後の鬼剣士も気に入るかもしれないとの思いから、今の段階で鬼剣士が変わってしまう事に対する個人的感想は書くべきでは無いと思いながらも、現仕様の通常攻撃主体の鬼剣士が好みである私は、素直に「寂しい気がする」と、書いておきたい。

新しく生まれ変わる鬼剣士達も楽しいキャラクターになっているとは思いますが、「Act.2から4迄の鬼剣士も楽しかったよ」と、書いておきたい。(より以前は未プレイ故に分からず。)

さようならブロッキング

オンラインゲームはアップデートが行われると、パッケージ販売のオフラインゲームの様に旧作を選択するような遊び方は基本的には出来ない。

従って、現仕様の鬼剣士が楽しめる時間も残り僅かである以上、ちょっとゲームやり過ぎでも自分を許したいと思うのであった。(筈なんだが、ハンゲームに限らず大半のオンラインゲームの運営会社はドタキャンも珍しく無いと僅かな望みも夢見てる。)

決まった事は仕方ない。新しい鬼剣士を楽しみにしております。死亡の塔も楽しみです。変更されるマップや追加されるマップも楽しみです。街中決闘は要らないけど。

|

« アラド戦記に関するアンケート - キャラクター編 | トップページ | Act.5実装 こんにちは新しい鬼剣士達 »

鬼剣士もすけ」カテゴリの記事

コメント

 風栄さん、そうですね。
 新しいポンマスの感想は、あんまり書くとブログに書く事が無くなってしまうのですがw

投稿: もすけ | 2008年3月27日 (木) 22時10分

お久しゅう。
サモナーの覚醒職、ムーンエンプレスでしたかな?
名前かっこいいですよね、名前も重要視する自分、サモナー作ろうかと迷ってしまいました。
 なんというか、act5になってからポンマスが決闘でかなり強くなってしまっている。
攻撃を先に当てた方の勝ち。かのように感じています。
 鬼斬りは自分も初めてアラドやったときは取りまくってましたね~。
あとなぜかウェーブも・・・。
あまりにも使いにくいキャラになってしまったので一度消しましたよ。はい。
そして今に至っています。
そういえばもすけ殿は覚醒レベルにいたっていますね。
剣聖となるもすけ殿・・・。
何か遠くへ行ってしまわれたような気分です。
そして同時に尊敬の心がまた大きくなりましょう。
 いつか、お手合わせ願いたいものです。

投稿: 風栄 | 2008年3月27日 (木) 19時53分

 ルイーゼさん、コメントありがとうございます。
 サモナーも改変ですが、サモナーは召還が増える件に関しては不満は無いのでしょうかね。100種類以上あって、どの召還を選ぶか悩みまくりぐらいが理想でしょうか。

 「注目の中高年の転職Best5」なるマッチング広告を呼び出された、少年様、コメント欄では始めまして。
 BSCを Lv35迄上げず、「無心に鬼斬り道を進んだポンマス」素敵です。是非とも改変前にお手合わせ頂きたかった。
 もすけも鬼斬りの威力にはカナリ自信のあるポンマスでしたが、アラドの世界も広いもので、J氏に到っては Lv35でバックステップを取得するバーサーカーなど、まさに「制圧前進あるのみ」を体現したような漢臭いキャラクターに仕上げられてた様です。

 さて、もすけもスキルリセットされた事ですし、今回は間違わずにスキルを取得したいと思いますgawk

投稿: もすけ | 2008年3月26日 (水) 21時15分

お初に書き込ませていただきます。
例の、『〜少年』様でございます。

ここぞとばかりに初めてディレ鯖で作ったポンマスさんも
スキルリセットされるということで起動してみました。

『鬼斬り最優先で取っていたから、バクステカッターを
35歳まで取れなかった人、挙手〜』
・・・といわれたら真っ先に手を挙げる少年です。

めでたく中年40歳を元気に迎えることとなりました。

なんというか・・・ポンマスは腕がつって、毎日ウルトラマンと同じくらいにしか世界平和に貢献できていません。

銃職弱体ということで、ここぞとばかりに銃主体でやってきた少年も少なからず影響受けることでしょう。
ですが、そこは持ち前のスルー力(漢字の”チカラ”。”するーか”ではありません。)で流します。

投稿: 少年様 | 2008年3月26日 (水) 13時14分

私のバーサーカーちゃん とお別れね。

悲しいかな悲しいかな。
もすけ様!!!!!!
いままで ありがとございました。

投稿: ルイーゼ | 2008年3月25日 (火) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428677/11749177

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら今迄の鬼剣士達:

« アラド戦記に関するアンケート - キャラクター編 | トップページ | Act.5実装 こんにちは新しい鬼剣士達 »