« アラド戦記 シーズン 2 テストサーバーでのランチャー | トップページ | ランチャーびんごろうの現在 »

2008年12月20日 (土)

シーズン 2開始

01

延長はあったものの、なんとか無事(?)に実装されたアラド戦記シーズン 2。

インしてみたらば、クエストが大量に増えていた。いや、実際には増えたクエストも多そうだが、これまでクリアした筈のクエストが復活している事の方が目立つ。

新しいクエストと、甦ったクエストのどちらを先に進めるかなのだが、初期クエストを達成しておかないと出てこないクエストもあるだろうからと、甦った初期レベルのクエストを進める事にした。

クエストの甦り度に関しては、古いキャラクター程、初期のクエストが復活している様だ。

例えば、「EP3 鬼剣士の道」は、そのクエストを Act.5以降にクリアしたキャラクタには復活せず、Act.3以前にクリアしたキャラクターに復活している模様。

このエピックは、Act.3の頃はキャラクターレベルが 17ぐらいの所で、まとめて「これまでのダンジョンを復習してこい」と、指示される形式だったのだが、Act.4からは、ダンジョンの適正レベルに合わせて随時指示される形式に変更されたのが原因なのだろうか。

02

クエストが最初からになったのは仕方ない。今回は大幅アップデートのシーズン 2。新しいアラド戦記だと思えば好都合。始めた頃はアッシュで止めを指すのが好きだったのを思い出しアッシュで止めを指してみたりした。

せっかくなので、武器も拾ったり、クエスト達成で貰った青武器なんかを使って懐かしんでみまた。拾った武器で戦うのは、ファイナルファイトで鉄パイプを拾って戦う感じで楽しいんだけど、流石にアラドもレベル 60まで遊んでますので、今更そっち側には戻れないのは悲しいところ。

何かしらないがレベルが上がっていたクリーチャー

15

今回のアップデートで、何故かクリーチャー達のレベルが上がっていた。お陰でレベル 48以上だったハルファス、ベリド、ハーゲンティがカンストしてました。ラッキー私から育てる楽しみを取り上げるなんてケシカラン。

そうと知っていれば、もっと卵を割っておいたのに。

カンストキャラクタの楽しみの一つが、「クリーチャーのレベル上げ」なのですが、クリーチャーもカンストすると、次のクリーチャーを育て始めてしまうので、カンストしたクリーチャーは基本的に死亡の塔でしか使わなくなるのが何か残念な感じがします。

このクリーチャーのレベルアップの件ですが、シーズン 2での仕様変更により、クリーチャーのレベルアップに必要な経験値が低減され、その結果、既存のクリーチャーがレベルアップしていたようです。

この件に関しては、クリーチャーのカンストが早ければ、それだけ次のクリーチャーも欲しくなるので、クリーチャーのレベルアップは早い方が運営側としても儲かりそうで、良い事なんじゃないかなとは思います。

16

しかし、愛しの箱入りクリーチャーであるボボちゃんのレベル上昇値は少ない気がした。

追加されたクエスト装備品

アラド戦記では、当初より(特にアクセサリーに関して)、クエスト達成による報酬の装備が多いと感じていましたが、今回のアップデートで更にクエスト達成による装備品が追加されています。

そもそも最終装備さえも、テラナイトやクロニクルの様にクエストで揃ってしまうのは、オンライン RPGとしては非常に珍しいゲームなのでは無いのでしょうか。

貴重な筈のドロップレア物よりも、クエスト品の方が優秀というのも考え物である気がするが、ドロップ品は(その気になれば)同一アイテムを複数入手可能なのに対して、クエスト品は 1キャラクターに 1つしか与えられないので、クエスト品の方が希少と言えない事も無い。とにかく変わったオンライン RPGだ。

09

シーズン 2より、クロニクル装備も強化可能となりました。

テラコタの証明
03

魔法攻撃力が増加するレベル 45ネックレスだそうです。

Lv38 悲劇の武器

オルカからのクエストを達成する事により入手可能な悲劇の武器は、「人間タイプ」の敵を攻撃した際に、追加ダメージが発生する。」との事です。

しかし、現在の仕様では、多くの 2次職が武器を選べない状態になっているので複雑な追加アイテムな気もします。

04
05
06
07
08
Lv46 不屈の武器

不屈の武器は「闇属性」なのがポイントでしょうか。

アラド戦記においてあまり歓迎されない「闇属性武器」ですが、レベル 46といえば、アルフライラを一旦離れるレベルですから、闇属性でも問題無い気がします。特に鬼剣士用のセンチネルは小剣であり、月のカーテンのレベルを上げているソウルブリンガーには願ったり叶ったりな武器な気もします。もすけも、友人のソウルに月のカーテンをして貰って、カイナスでウヒャーとかやってます。

闇属性武器がイマイチなのは「闇のささやきポーション」の存在も関係すると思いますけど。

10
11
12
13
14

シーズン 2で追加されたクエスト称号

クエストで入手可能なアイテムには称号も追加されていました。比較的初期レベルの頃に入手可能にも関わらず良品です。既存の中後半で入手可能な称号の立場が無いくらいです。

ビーストスレイヤー
ビーストスレイヤー

グランプロリスのグラックカラックを舞台にしたエピッククエスト「ビーストスレイヤー」を達成すると入手可能。攻撃力に影響するステータスである力と知能がそれぞれ 5程度上がり、攻撃速度、キャスト速度も上昇する。

有料アイテムである倉庫を購入するか悩んでいる時期であるプレイヤーにとっては嬉しいインベントリ重量限度も増加する。(逆にクエスト称号を捨てられない気質の古参プレイヤーにとっては倉庫拡張を考えてしまうアイテム。)

基礎が大事
基礎が大事<

グランプロリスから天城まで続く、風振、カゴン、キリから与えられるスタイル、テクニック、ランク関係のクエストを達成したキャラクターに与えられる称号。

ビーストスレイヤー同様にステータスが上昇し、更に攻撃時とキャスト時に、それぞれのキャラクターにあったステータスが上昇する。無料称号の中ではトップクラスの性能では無いだろうか。

天城に上った者
天城に上った者

天城エリアを舞台に、鬼剣士達の師匠、G.S.Dの「鬼手」クエストを通じて入手する称号。前述の 2称号と比較すると微妙だが、光属性抵抗の上昇は、王の遺跡で「光のキングスガード」を入手するまでは良好な称号。

以上、遂に実装されたアラド戦記 シーズン 2でした。

新ダンジョンに関しては、まだ先の楽しみに取っておいて、改変されたランチャーですが、こちらも私の優先度としては、やはりファーストキャラである「もすけ」の方なので後回しになります。

|

« アラド戦記 シーズン 2 テストサーバーでのランチャー | トップページ | ランチャーびんごろうの現在 »

コメント

そうですね。どっちかしか出来ませんね。

私も時期によって、ポンがメインになってたり、BSKがメインになっていたりしてました。

現在は、真メインのポンとキャラが被る BSKは殆ど動かしてないです。

更に今後 55桃とかも実装されちゃうのかと思うと、Lv55以上のポンも BSKも動かす気が無くなってしまうので、最終レベル帯のアップデートは止めて欲しいと思っているもすけでした。

投稿: もすけ | 2008年12月27日 (土) 00時47分

はじめましてー。こんにちは。

ブログみさせてもらってますー。

に、しても

もすけさんはスゴイッ!自分も50レベルのヘルベンターと

49レベルの剣聖がメインでやってるんですが、どっちかを

やるとどうしてももう片方ができなくて・・・w

もすけさんみたく、ヘルベンターも剣聖も

効率よくレベルあげができるのはいいことだなぁーと

思いました。

KYな話しでごめんなさい><

投稿: 村人① | 2008年12月25日 (木) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428677/26303158

この記事へのトラックバック一覧です: シーズン 2開始:

« アラド戦記 シーズン 2 テストサーバーでのランチャー | トップページ | ランチャーびんごろうの現在 »