« もすけのアラド戦記 アニマルアバター購入計画 | トップページ | WebMoney Award 2009 GrandPrix »

2009年12月15日 (火)

流石だ ONLINE GAME Award 2009 GRAND PRIX 王者 アラド戦記

アラド戦記 GRAND PRIX

WebMoney主催 ONLINE GAME Award 2009。普通にというか、当たり前というか、当然の如く、アラド戦記がグランプリを受賞したようですネ。しかも BEST アクションRPG賞とダブル受賞。流石アラドだとしかいいようが無い。

たまに知人に紹介する時なんかに、一からプレイしてみると感じるのは、アラド戦記はオンラインゲームの中ではゲームとして出来の良さが特出している。逆に、良くも悪くもオンラインゲーム特有の雰囲気が薄いのだが、コミュニティはゲームの外で構成する方が健全なので、結局、その点のバランスも良い遊びと言える。

投票者情報に対する感想

投票結果グラフ

投票の内容ですが、支持されたポイントは、やはり「ゲームシステム」。次いで「動作や操作の快適さ」。これはゲームパッド対応なところとか、アクションRPGとしての操作性の良さが評価されたのかと思われます。

キャラクターに関しては各自キャラが作りこまれている点も評価が高いポイントですね。鬼剣士とガンナーでは操作性から違うし、同じ鬼剣士でもウェポンマスターと阿修羅ではまったく異なるみたいなところは作り込まれていると感じます。(バグも多いですけど。)

「設定や世界観」のポイントが高いのは、やっぱりシャイロックを始め、魅力的なNPCが揃っているところでしょうか。他の MMORPGなんかだと、NPCに特徴が薄いゲームも多い気がします、アラドはライナスだとか、クソキリとか、暑苦しそうな禿とか印象に残る NPCが多いですね。(台詞の誤訳放置とかも多いですが)

運営がホッソリ見えるのはネタ成分でしょうか。

世代に関しては、今はもう慣れちゃいましたけど、若い世代に評価されているってところが最初は驚きでした。

ベルトフロアアクションRPGなんて、オッサンホイホイかと思っていましたからね。でも考えてみれば PS3がまったく売れなくて NintendoDSばかりが売れている事実を考えると、やっぱりゲームは 2Dの方が世代を問わず人気があるんでしょうか。PS2もハードは売れたけどゲームは売れなかったって話もあるし。

ポケモンも、実は最初はオッサンをターゲットにしてたんだけど、何故か子供達に爆発的に支持されたみたいなところがアラドにもあるのかもしれません。

Google Trandsグラフ

アラド戦記の人気っぷりは、私の期待に応えつつも、予想を超えてる気もします。以前、調べたときには、正直 FEZには適わないとか FFXIと比較するのは流石に無茶と思っていたのですが、現在は、かなり健闘している模様。

ただし、FFXIというか FFシリーズ自体が自爆していると思え、更にアラドはFFの失速から何も学んでいない様なので、これ以上の活躍はムリかもしれません。今の状態のままVARIANTがプロモーション動画通りのゲームだったらアラドも終了かな。

比べてはいけない
Google Trandsグラフ

ただし、どのみちメジャーコンシューマゲームから見たら、オンラインゲームの人気なんて、まだまだ豆粒も良いところの話なんですけどね。えー本当にそんなゲームやってる人が居るのー!みたいな。

他の賞に関する余計な感想

BEST RPG賞 マビノギ

マビノギだか、マビギノだか、マビビノ?って感じでよく分からないタイトルなんですけど、以前から面白そうなゲームと思っていたから受賞も納得なんだけど、結構古いゲームだよね。しかもアラドと同じネクソン運営が受賞ですから、受賞と運営の力関係を感じてしまう。それでも、このゲームの失敗は「名前だけ」って感じです。覚えにくい。韓国読みそのままなの?

BEST FPS賞 サドンアタック

ごめん。わかんない。SAの何が良いのかさっぱり分からない。他の FPSと何が違うのか分からないし、配色が紫っぽくて嫌だとかある。

WRの方が面白いと思うんだけど、ゲームポットさんはパンヤが受賞ですから、ここは譲ってくださいみたいな事情なのかな?

たしかにゲームヤロウさんのラインナップを見ると、他には三国志豪傑伝が気になる程度かもしんない。

BEST スポーツゲーム賞 スカッとゴルフ パンヤ

パンヤは絵柄が好きな人がプレイしてるんでしょうね。応援メッセージ見ても「キャラクターが可愛い」との事ですし。もはや特定層しか狙っていない模様。それって終焉ゲームじゃいの?

パンヤもマビノギ同様っていうか、マビノギはよくわからないのだけれど、パンヤは確実に韓国語。あんまり日本人受けする語感じゃないと思うのだが、マビノギほど酷くはない。ゴルフゲームなんて下手に分かり易い名前を付けると直ぐに商標の壁にぶつかりそうだからパンヤでも良いのかもしれない。

もすけの BESTスポーツゲーム賞は、当然ファミスタオンラインです。ファミスタあ~れ~ば~いっしょうしあ~わせ~です。

また昭和ですね。当然ですよ。マンガ、アニメ、ゲームは昭和で完成しましたから。

BEST シミュレーションゲーム 賞 ドラゴンクルセイド

これね、今後も続々登場予定のトラビアンクローンの尖兵だよね。パクリゲームが賞を受賞ってどうなんだろって感じだよね。絵は日本人ゲーマーというかアニメ好きな人に受けるんだろうけどな。課金システムからして全てトラビアンのまるまるコピーってところが凄いよね。いや課金モデル的には、更にドロドロにして課金率を上げてるところは評価しないといけないのかもしれない。正に MMOの悪い部分と課金に直結するところを凝縮したゲームだと思う。

確かに、オンラインシミュレーションゲームって少ないんだけど、個人的に押したいのは、またナムコとハンゲなんだけど、合戦スタジアム。このゲームは、三すくみとか、バックアタックなどの基本攻略情報を前面に出していないのが理解され難いところかもしれない。また、そこを理解すると、今度は単純に難しくて、時間をかければ誰でもできるトラビアンクローンと違って、プレイヤーを選ぶゲームなのも問題なのかな。

BEST テーブルゲーム賞 777TOWN.net

ボクは実機派だし~、事務所にシマ作っちゃった友人もいるから必要ありませ~んみたいな。

そんな話は置いて、応援メッセージに書いてる「ファミコン世代の元ゲーマーですが、この歳になってゲームにハマルとは思っても見ませんでした。」30代男性さんには、アラド戦記とファミスタ、マジオススメ。

ネクソンのせいじゃない
「アラド戦記は弊社にとって非常に大きな意味があります。3月に弊社にサービスを移管してから、弊社の第1の目標は、既存のお客様を満足させられるようなサービスをしていくことでした。今回、この作品がグランプリを取れたことで、最高のスタートが切れたのではないかと思います。来年もアラド戦記を含めて、全タイトルに力を入れていきたいと思いますし、2010年こそ“オンラインゲームはネクソン”の年にしたいと思います。ありがとうございました」 ウェブマネー、初の大規模オフイベント「ONLINE GAME messe.2009」を開催 「WebMoney Award 2009」グランプリは「アラド戦記」。「Dragon Nest」、「おしゃらんど ファンテージ」、「大戦略Web」など各社の新作も続々発表

アンケート結果の「運営」に対する評価を見て反省するべきではないのか。「2010年こそ“オンラインゲームはネクソン”の年にしたいと思います。」との事なので、反省してるのかもしれないけれど。

|

« もすけのアラド戦記 アニマルアバター購入計画 | トップページ | WebMoney Award 2009 GrandPrix »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428677/32613537

この記事へのトラックバック一覧です: 流石だ ONLINE GAME Award 2009 GRAND PRIX 王者 アラド戦記:

« もすけのアラド戦記 アニマルアバター購入計画 | トップページ | WebMoney Award 2009 GrandPrix »